石の力を信じてあまり心配し過ぎないことが、一番大切です。

パワーストーンの相性について

 

人と人との間には相性があるように、自分と石の間にも「相性」はあります。
一番良いのは自分の「インスピレーション」である「直感」によってパワーストーンを見つけるのがよいと言われています。

 

パワーストーンとの出会いは人との出会いと同じです。
「なんとなく良いな」と感じたものが自分にとって「相性の良い」ものだったりするのです。

 

また、そのときに「いいな」と思っても、しばらくすると「なにかちがうな」と違和感を感じることもあるかもしれません。
その時は、パワーストーンの力が弱くなってきたか、パワーストーンの持つ力が自分に必要ない力になったのかもしれません。

 

そういうときはパワーストーンを外し、パワーが充填するように塩につけて清めるなどのケアをしてあげたり、少し休ませてあげると良いかもしれません。
決して捨てる事はせず、きちんと大事に保管をしてあげましょう。どうしても処分をしなくてはいけなくなったら、海や川などたくさんの石がいるところに感謝をして返してあげるとよいでしょう。

 

 

石同士の相性

 

よく「パワーストーン同士の相性がある」、「この石とこの石は喧嘩する事があるから良くない」と「石同士の相性」について見解を述べているサイトなどがあります。
例えばパワーストーンを複数持っていて、それらが喧嘩しないのかな、と気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

「石同士の相性」とは、いわゆる「お守りの相性」と同じです。
例えば、A神社とB神社のお守りは一緒に持っていたら神様同士が喧嘩するのか、ということと同じです。

 

一番大切なのは「石の力を信じてあまり心配しすぎない」とことです。
もし複数のパワーストーンを持っていて「なにか違うな」と思ったら、そのときは別々にしてあげましょう。石の相性も人の相性と同じように、その時々によって合ったり合わなかったりするのです。